月次アーカイブ: 6月 2016

今朝起きてみたらなんだか水の流れる音がしなくて静かだなあと思ったら電気が落ちていました。うちのオーバーフロー水槽はポンプが止まると水が逆流してろ過水槽からあふれ出る格好なので停電になったら大変だ!と思ってなんと前日に灯油ポンプの弁のところを利用して120㎝水槽と60㎝アクリル水槽に逆止弁を作っておいたんです!・・・でもカクレの水槽だけはどうしてもスキマーの高さまで逆流してしまうのでその水槽だけあふれ出ていました。しかしこれだけですんだので思ったほど悲惨にはなりませんでした。なんだかこの事態を予知してたようで気持ち悪いです。でもなんで電気が落ちたのか原因がわかりません。さらにやけに停電になったら!と心配になって早急にヒントが浮かんで逆止弁を作成したんです。この逆止弁はとっても便利です。いままで電源を止めたときはコックで止水してたんですがその必要がなくなりました。
 ポンプはエーハイムの1000です。ポンプに弁の下の管がちょうどぴったり入ります。上は16mmのホースが中にぴったり来ます。こんな感じです・・・

横はガムテープでかぶせて付属の輪で止めています。ほんと簡単・・・
カクレの水槽のほうはあふれ出たとき用に予備の水槽をセットしておくことにしました。
じゅうたんがだいぶ乾いてきました。(^O^)/

とりあえずチンとタツを新しい水槽に移しました。タツはのびのびしてるような感じです.カクレも移しました。この右側の水槽はイソギンチャク水槽として考えていますが、この間イエローコリスを2匹入れたんですが砂に潜ったまんま全然顔をだしません。ダメにならなければいいんですが・・・それとシッタカ貝を3匹入れてます。
 店の人に聞いたんですがイソギンチャクはやっぱり殺菌灯が必要らしいので殺菌灯を設置することにしました。

中央に小さいライブロック置きました。

アルタムエンゼルは成長して迫力が出てきました。まだ大きくなります。

あったかくなってきたのでヒーターが可動しないようで電気代今月安いです。(^O^)/

久々のアップですが水槽を自作しておりました。ハタゴも水クラゲもダメでした。よく考えてみたらろ過材としてソイルを使っていたのが良くなかったと思います。自作水槽に切り替えるためクマノミやスズメ達をクラゲ水槽に移動しました。元気にしております。
クラゲはいませんがスキマーを強化しました。

スキマー本体は百斤で購入しております。下がパスタケースで上二つが保存ケースそれにロートを接着しています。塩ビパイプの上部折れ曲げ位置が重要です。
下はようやく完成した90cm自作水槽です。

左がチンアナゴ用になっていて区分けしています。砂を入れたところです。

下に濾過槽を設置しています。

濾過槽はホーマックの道具箱です。ろ過材を入れているのが使っていない米びつです。
こっちの水槽にもスキマーを設置しました。

後は水中ポンプを設置して完了です。はたしてうまくいくでしょうか・・・
海水を投入して少し回してから再度イソギンチャクとクラゲに挑戦したいと思います。
チンとタツは相変わらずです・・・タツの襟巻・・・

高騰丹頂は元気であります。

アルタムエンゼルも大きく成長しております。

ランプアイとハタタテハゼは飛び出してしまってランプアイが10匹が4匹にハタタテハゼ2匹は全滅です。蓋をしていてもこれですからほんとに隙間のないようにしなくてはなりません。また報告します。(^O^)/