月次アーカイブ: 1月 2018

久々のアップです。ハタゴもイボハタゴも結局☆になりまして、シライトとサンゴのイソギンはかろうじて元気にしております。シライトやサンゴイソギンチャクよりハタゴ系の方が比較的飼育は容易だと思ったんですが・・・
シライトイソギンチャクは去年の12月18日に入海しましたので1か月と10日になりサンゴイソギンチャクは11月26日でしたので約2か月になります。同種では今のところ最長の飼育期間となります。

最初のシライトイソギンチャクは入海した翌日に溶け出していましたので今回もあまり期待していなかったんですが今回ははじめから写真のような状態がずーと維持できているのでいいと思います。
シライトが良くてハタゴはダメの原因がよくわかりません。
サンゴイソギンチャクが見えています。

やはり購入当初は元気そうに見えても内部が痛んでいた可能性があったと思います。それが黒い老廃物につながっているのかもしれません。
ちかごろ照明を消すとウミウシがコケを食べにライブロックから出てきます。

こいつはもともと購入したライブロックについてきたやつで大きく成長しています。
下の写真は陰日性のヤギですが思った以上に長く飼育しています。
やはり照明を消していた方が下のようにポリプを出します。

また頑張りまーす(^O^)/

こんにちは!イソギンですがイボハタゴイソギンチャクは不調です。原因は良くわかりませんが黒い老廃物を出しているような・・・

不調だと老廃物が結構出て水質を汚すので頻繁に水替えしましたがだめですね・・・イソギン水槽の全体像です。


昨日120㎝と90㎝水槽を掃除したのできれいになってます。

ソフトコーラルなどとのツーショット写真です。
ウミキノコとハマクマノミ

マメスナギンチャクとワンアイブレニー

カタトサカとカクレクマノミ

ケヤリとカクレクマノミ

クマノミ系はフワフワした感触のものはなんでもスリスリしてます。
トゲダルマカレイです。目だけ出してます。

ぜんぜんわかんないですねー

ではまたー(^O^)/

こんにちは!イボハタゴイソギンチャクとハタゴイソギンチャクが入海して4日ほど経過しましたが、現在の状況は・・・
イボハタゴイソギンチャクは一時最悪の状態に陥りましたが水交換で何とか立ち直ったようです・・・

でもまだわかりませんね・・・
ハナガササンゴグリーンが部分的に溶けてしまって、水質を悪化したようです。なぜ溶けたのか原因がよくわかりません。
ハタゴイソギンチャクは・・・
今完全にしぼんでいます。また開くんですが・・・状態が悪いのかいいのかわかりませんね・・・

ハナガササンゴグリーンはとりあえずミナミハコフグの水槽に移槽しました。

下の部分が溶けてなくなっています。
ミナミハコフグは元気でーす。

イソギンチャクの飼育は難しいですねー(/ω\)