イソギンチャク

おはようございます。イソギンチャク水槽が若干の水漏れを起こしているようなのでアクリル水槽に交換しました。仕事終わって夕方5時開始です。生体はバケツや鍋に移しました。排水をして古い水槽を撤去・・・ここまで2時間かかってます。

手前が新しく買ったアクリル水槽です。

新しい水槽をセットして給水管や排水管をつなぎます。今回は水槽裏に青色のボードを挿入しました。ここまでで3時間・・・

さらに底砂を洗浄して粗目の砂を追加しました。イソギンチャク大はけっこう重さがありました。すべての生体を戻して完了です。

完了まで5時間以上かかりました。環境変化でちょっと心配でしたが次の日には皆さん元気そうでした。アクリル水槽は透明度が高いのできれいに観えます。

ではまたー(^O^)/

こんにちは!淡水水槽の水草のアヌビアスナナですが特に照明も当てているわけでもありませんが、良く育っています。グリーンライトにすると緑が映えてきれいです。
グリーンライトの場合

普通の場合

グリーンライトはグラスキャットも緑色になってよりきれいです。
下はマナマズの顔です。

冷凍赤虫を与えるとガバッと口を開いて飲み込みます。
シライトイソギンチャクはまた大きくなっています。魚たちに人口餌を与えるとちじまっておこぼれを食べるのでそのせいもあります。
1匹目はもうすぐ丸3年です。

2匹目も成長が著しいです。

入海当初は下の写真のようにしっかり定着していませんでした。
定着して褐虫藻が増えると光合成でより栄養がとれるので成長します。

デバスズメダイは購入時の大きさの2倍くらいになっています。

この水槽が一番エサを食べます。
ではまたー(^O^)/

こんにちは!最近は釣りのほうに力が入っておりました。久々に水槽の状況を報告します。90㎝海水水槽が寿命で水漏れが出てきたので住人をイソギンチャク水槽に移動して破棄することにしました。
イソギンチャク水槽が現在最高の状態だと思います。下の写真が現在のイソギンチャク水槽です。

1匹だけで飼っていた小さい方のナンヨウハギも色あせてたんですが混泳させたら色が出てきました。

シライトイソギンチャクは巨大化しています。水槽の半分を占領しています。

こっちのシライトイソギンチャクもこうなるのでしょうか・・・

タマイタダキイソギンチャクはかわらず元気にしています。

この水槽にはナンヨウハギ2匹、プテラポゴンカウデルニー1匹、カクレクマノミ4匹、ペパーミントシュリンプ1匹、シライトイソギンチャク2匹、タマイタダキイソギンチャク1匹、他のソフトコーラルがウミキノコ、スターポリープ、コエダナガレハナサンゴ、カタトサカとなっております。
 120㎝水槽は、デバスズメダイが主流です。

普段はあまり照明をつけていません。苔対策です。こちらの住人はデバスズメダイ8匹、ハマクマノミ2匹、イエローコリス2匹、ヤマブキスズメダイ2匹、ローランドダムセル3匹、シリキスズメダイ1匹、コバルトスズメダイ1匹、ギンガハゼ2匹となっております。
みなさん良くエサをだべるので大きく育っています。
エサは現在朝に1回だけにしています。
ろ過材として粗目のサンゴ砂を使用するようになってからイソギンチャクが調子よくなったような気がします。ではまたー(^O^)/