イソギンチャク

 こんばんは!アクアリウムでミドリイシを扱うことが夢ですが、今回そのために120㎝海水水槽のろ過システムを強化しました。といってもお金はあまりかけたくないのでいろいろ自作しています。

上の写真は全体像です。ろ過は粗目のサンゴ砂を使用しています。

まず中断右のゴミ取りを落下第1ろ過槽を通ってスキマー部に流れ下のタンクに入ります。タンクでは写真に写っていませんが後方に外部フィルターを設置しています。その海水が殺菌灯を通って上段の第2ろ過槽に入り最終的に水槽に流れ込みます。このような循環でろ過を行っています。バクテリアがはびこるまでまだ時間がかかります。下の写真は中断の拡大写真です。右のゴミ取りはトレイを利用してスポンジで濾しています。プロテインスキマーは購入したほうが安上がりです。バクテリアが出来上がるのは1年近くかかると思います。

次に照明ですが、120㎝水槽の照明の様子が下の写真です。

ライティングレールを使用しています。小さいのが6個セットで安上がりなスポット照明を使っています。大きいのはブルー系の照明です。
イソギンチャク水槽の照明もこのようなスタイルに変更しました。

ブルー系が入ると奇麗さが増します。
下は90㎝海水水槽

下は120㎝海水水槽

下は90㎝海水水槽のシライトイソギンチャク大です。

カタトサカは2個体を株分けして7個体にして120㎝水槽に4個体入れました。また小さいほうのシライトイソギンチャクも120㎝水槽に入れてみました。水質が心配でしたがそれなりに大丈夫なようです。今後もっと水質が良くなったらイソギンチャクも大きく成長すると思います。ミドリイシはまだちょっと早いかな・・・(^.^)/~~~

おはようございます。イソギンチャク水槽が若干の水漏れを起こしているようなのでアクリル水槽に交換しました。仕事終わって夕方5時開始です。生体はバケツや鍋に移しました。排水をして古い水槽を撤去・・・ここまで2時間かかってます。

手前が新しく買ったアクリル水槽です。

新しい水槽をセットして給水管や排水管をつなぎます。今回は水槽裏に青色のボードを挿入しました。ここまでで3時間・・・

さらに底砂を洗浄して粗目の砂を追加しました。イソギンチャク大はけっこう重さがありました。すべての生体を戻して完了です。

完了まで5時間以上かかりました。環境変化でちょっと心配でしたが次の日には皆さん元気そうでした。アクリル水槽は透明度が高いのできれいに観えます。

ではまたー(^O^)/

こんにちは!淡水水槽の水草のアヌビアスナナですが特に照明も当てているわけでもありませんが、良く育っています。グリーンライトにすると緑が映えてきれいです。
グリーンライトの場合

普通の場合

グリーンライトはグラスキャットも緑色になってよりきれいです。
下はマナマズの顔です。

冷凍赤虫を与えるとガバッと口を開いて飲み込みます。
シライトイソギンチャクはまた大きくなっています。魚たちに人口餌を与えるとちじまっておこぼれを食べるのでそのせいもあります。
1匹目はもうすぐ丸3年です。

2匹目も成長が著しいです。

入海当初は下の写真のようにしっかり定着していませんでした。
定着して褐虫藻が増えると光合成でより栄養がとれるので成長します。

デバスズメダイは購入時の大きさの2倍くらいになっています。

この水槽が一番エサを食べます。
ではまたー(^O^)/