イソギンチャク

こんにちは!最近は釣りのほうに力が入っておりました。久々に水槽の状況を報告します。90㎝海水水槽が寿命で水漏れが出てきたので住人をイソギンチャク水槽に移動して破棄することにしました。
イソギンチャク水槽が現在最高の状態だと思います。下の写真が現在のイソギンチャク水槽です。

1匹だけで飼っていた小さい方のナンヨウハギも色あせてたんですが混泳させたら色が出てきました。

シライトイソギンチャクは巨大化しています。水槽の半分を占領しています。

こっちのシライトイソギンチャクもこうなるのでしょうか・・・

タマイタダキイソギンチャクはかわらず元気にしています。

この水槽にはナンヨウハギ2匹、プテラポゴンカウデルニー1匹、カクレクマノミ4匹、ペパーミントシュリンプ1匹、シライトイソギンチャク2匹、タマイタダキイソギンチャク1匹、他のソフトコーラルがウミキノコ、スターポリープ、コエダナガレハナサンゴ、カタトサカとなっております。
 120㎝水槽は、デバスズメダイが主流です。

普段はあまり照明をつけていません。苔対策です。こちらの住人はデバスズメダイ8匹、ハマクマノミ2匹、イエローコリス2匹、ヤマブキスズメダイ2匹、ローランドダムセル3匹、シリキスズメダイ1匹、コバルトスズメダイ1匹、ギンガハゼ2匹となっております。
みなさん良くエサをだべるので大きく育っています。
エサは現在朝に1回だけにしています。
ろ過材として粗目のサンゴ砂を使用するようになってからイソギンチャクが調子よくなったような気がします。ではまたー(^O^)/

こんにちは!改造したイソギンチャク水槽がなかなか調子がいいようです。イソギンチャクはじめソフトコーラル群ものびのびしています。

ハードコーラルをネット注文したんですがコロナウイルスの影響でキャンセルとなりました。しばらくお預けですね。
120㎝水槽は粗目の底砂にして正解のようです。

ブルーライトは神秘的ですね!次回はカタトサカを株分けして写真下の90㎝水槽に設置しようと思ってます。ではまた(^O^)/

 こんばんは!コロナ禍がなかなか収束しません。最近亡くなった岡江久美子さんにしても発症から重症化するまでの速度がとても速いように思います。ご冥福をお祈り致します。私も60代ですので発症したら・・・と考えるととても不安です。会社も交代勤務になり在宅勤務が増えました。外出するわけにもいきませんので家の中で水槽をいじるくらいしかできません。
 時間がありましたのでイソギンチャク水槽に底砂を入れました。

タマイタダキイソギンチャクが気持ちよさそうです。

小型のプロテインスキマーを90㎝海水水槽に設置しました。ちょっと小さすぎるかな・・・

こんな感じだと連休もホームステイとなるでしょうね。ほんとに観光産業は大打撃で一人10万円程度じゃ立ち直るのは難しいのでは・・・はやく収まってほしいものです。
お互いに頑張りましょう(^O^)/