海水魚

 最近は、コロナの影響もあって新顔がいません。そこでうちの色がきれいな海水魚を紹介します。まずはブルーがとてもさわやかなドリーことナンヨウハギです。

このナンヨウハギは白点病にも強いですよ。水槽やライブロックのこけもつまんでます。
光のあたる角度でスカイブルーになったりします。現在体長は大きい方で11㎝くらいかな・・・オスメスは不明です。
次は4匹いる中で一番大きいカクレクマノミです。こいつは掃除していると腕をつついてくるので掃除のときは隔離します。体調は8㎝くらいかな、大きくなってます。

カクレクマノミも白点病には強いですね。チョウチョウウオは白点病になりやすいのできれいですけど難しいですね。私は白点病対策として殺菌灯とたまにイソジンを直接混入してます。白点病は温度が低すぎるとなりやすいので冬場は気を付けます。一度なるとなかなか治らないので予防が大事ですね。
次はプテラポゴンカウデルニーです。変わった形をしていますよね。日本語ではテンジクススズメダイと呼ばれます。こいつも白点病には強い方です。

スズメダイ系はみんな丈夫ですね。うちにはあとデバスズメダイとシリキルリスズメダイとコバルトスズメダイとダムセルがいます。みんな元気です。
次はギンガハゼです。ギンガハゼは基本は黒っぽいもので黄色は色違いです。えらあたりに銀河のような粒粒のきれいな模様があります。うちには現在2匹しかいません。仲良くしてます。

下はコバルトスズメダイです。

下の黄色いのがイエローコリス、淡い水色がデバスズメダイ、オレンジがハマクマノミです。

海水魚は色が派手できれいですよね。淡水魚にはない青色が好きです。(^O^)/

こんにちは!最近は釣りのほうに力が入っておりました。久々に水槽の状況を報告します。90㎝海水水槽が寿命で水漏れが出てきたので住人をイソギンチャク水槽に移動して破棄することにしました。
イソギンチャク水槽が現在最高の状態だと思います。下の写真が現在のイソギンチャク水槽です。

1匹だけで飼っていた小さい方のナンヨウハギも色あせてたんですが混泳させたら色が出てきました。

シライトイソギンチャクは巨大化しています。水槽の半分を占領しています。

こっちのシライトイソギンチャクもこうなるのでしょうか・・・

タマイタダキイソギンチャクはかわらず元気にしています。

この水槽にはナンヨウハギ2匹、プテラポゴンカウデルニー1匹、カクレクマノミ4匹、ペパーミントシュリンプ1匹、シライトイソギンチャク2匹、タマイタダキイソギンチャク1匹、他のソフトコーラルがウミキノコ、スターポリープ、コエダナガレハナサンゴ、カタトサカとなっております。
 120㎝水槽は、デバスズメダイが主流です。

普段はあまり照明をつけていません。苔対策です。こちらの住人はデバスズメダイ8匹、ハマクマノミ2匹、イエローコリス2匹、ヤマブキスズメダイ2匹、ローランドダムセル3匹、シリキスズメダイ1匹、コバルトスズメダイ1匹、ギンガハゼ2匹となっております。
みなさん良くエサをだべるので大きく育っています。
エサは現在朝に1回だけにしています。
ろ過材として粗目のサンゴ砂を使用するようになってからイソギンチャクが調子よくなったような気がします。ではまたー(^O^)/

こんばんは!今日は久々にホーマックからいろいろ新しい仲間を購入しました。ほとんど90㎝海水水槽に入海しました。
 下は温度合わせをしているところです。

今回購入したのはイエローコリス2匹、パウダーブルータン1匹、ホワイトソックス1匹、スカンクシュリンプ1匹、スターポリプ1枚です。このなかで初めて購入したのがパウダーブルータンです。下がそのパウダーブルータンです。

愛嬌のある顔をしていますね!

イエローコリスはだいたい砂の中に潜る習性がありますが、入れたばかりでまだうろちょろしています。

エビ類は、なんとか元気にしてます。

先住のナンヨウハギとプテラポゴンカウデルニーとも争うことなくうまくいってるようです。
スターポリプはまだ触手を開いていません。水槽底に増殖してほしいです。

また報告します(^O^)/