白点病

 最近は、コロナの影響もあって新顔がいません。そこでうちの色がきれいな海水魚を紹介します。まずはブルーがとてもさわやかなドリーことナンヨウハギです。

このナンヨウハギは白点病にも強いですよ。水槽やライブロックのこけもつまんでます。
光のあたる角度でスカイブルーになったりします。現在体長は大きい方で11㎝くらいかな・・・オスメスは不明です。
次は4匹いる中で一番大きいカクレクマノミです。こいつは掃除していると腕をつついてくるので掃除のときは隔離します。体調は8㎝くらいかな、大きくなってます。

カクレクマノミも白点病には強いですね。チョウチョウウオは白点病になりやすいのできれいですけど難しいですね。私は白点病対策として殺菌灯とたまにイソジンを直接混入してます。白点病は温度が低すぎるとなりやすいので冬場は気を付けます。一度なるとなかなか治らないので予防が大事ですね。
次はプテラポゴンカウデルニーです。変わった形をしていますよね。日本語ではテンジクススズメダイと呼ばれます。こいつも白点病には強い方です。

スズメダイ系はみんな丈夫ですね。うちにはあとデバスズメダイとシリキルリスズメダイとコバルトスズメダイとダムセルがいます。みんな元気です。
次はギンガハゼです。ギンガハゼは基本は黒っぽいもので黄色は色違いです。えらあたりに銀河のような粒粒のきれいな模様があります。うちには現在2匹しかいません。仲良くしてます。

下はコバルトスズメダイです。

下の黄色いのがイエローコリス、淡い水色がデバスズメダイ、オレンジがハマクマノミです。

海水魚は色が派手できれいですよね。淡水魚にはない青色が好きです。(^O^)/

こんにちは!白点病ですが結局水槽をリセットしました。ハシナガチョウチョウウオも白点にやられました。現在はウズマキヤッコ、ナンヨウハギ、バイカラーが薬浴中です。ウズマキは再発してるんですが元気です。殺菌灯があった方がいいようですのでこの段々水槽にも殺菌灯を設置する予定です。
現在の段々水槽です。砂は熱湯消毒、ライブロックはブリーチで消毒しました。

60㎝淡水水槽です。イエローグラミーとレッドグラミーを追加しました。

90㎝淡水水槽です。

タツノオトシゴとアナゴ水槽です。

シライトイソギンチャク水槽です。

やっぱりシライトは動いてます。今度はライブロックの裏に定着してます。定着はするようになったようです。
スターポリプ水槽です。

ここはみんな元気です。

この薬浴は結構効くようです。ウズマキヤッコの白点は1日で消えました。また戻しても再発するので3日くらいつけておこうと思います。ソメワケヤッコは薬浴してもダメでした。再起したのは、ウズマキヤッコ、ハシナガチョウチョウウオ、ナンヨウハギ、バイカラーです。よかったです。この段々水槽だけ海水水槽で殺菌灯をつけていません(予算の関係で・・・)。その影響もあると思います。薬浴中のウズマキです。

90㎝海水水槽の現在の様子です。サンゴイソギンチャクとウメボシイソギンチャクが☆になって淋しいですが、ここにきてなぜかシライトイソギンチャク(チクビイソギンチャク)がようやく定着して元気にしてるようです。あまりほめるとまたサスライギンチャクになるのでやめときます。

しかしなぜチクビイソギンチャクは元気なんでしょう。ふしぎです。(^O^)/